by ひろっち(20代男性)

私の実際の体験談です。
大学生の頃、2年半付き合っていた女性と別れることになりました。
僕はもともと飽き性の性格で何事も長くは続きませんでした。
恋愛も同じです!自分で言うのもお恥ずかしいですが、女性との会話は得意な方で彼女がいない期間の方が短いくらいです。
そんな僕が2年半付き合うなんて、幼少期から知る親友からは驚かれるほどでした。
当時の彼女は地方から上京してきて、都会の右も左もわからない女性でした。その純粋さに惚れていたのだと思います。
何を喋るのにも方言で、言葉にもトゲがなく本当に純粋な女性でした。

2年半の過ごしてきた時間

そんな彼女と2年半も付き合っていると、徐々に都会に染まっていくのが分かります。私は生まれも育ちも都内なので、少しずつ私に似てきていると少々感じていました。
デートで都内に集合した時も、乗換案内図を見ずに集合場所に来た時は、驚きました。
都会の男性と喋るのすら抵抗があった彼女でしたが、徐々にそんな抵抗もなくなり、夜の街で飲み歩くようにもなりました。
そんな彼女を見て、少しづつ不安になる私!
私は束縛とかしないタイプですが、2年半も付き合うと感情もより強くなり、何をしているのかと彼女の行動も気になるようになりました。
そんな私を窮屈だと思った彼女は、次第に嘘をつくようになりました。ですが、私は人の嘘を見抜くのが人よりも長けているので、すぐに彼女の嘘を見抜きました。徐々に不信感が湧いてきて、彼女と別れることを決意しました。

占い好きな家庭のため、占いに興味を持つ

私の母、姉は何か重要な決断を強いられるとすぐに占い師の元にいき、占ってもらうのが日課になっている家族です。
その結果を毎回聞いている私はそんなもの当たってるわけないと疑いの眼差しで見守っていました。
ですが、実際に自分自身が2年半付き合った彼女と別れた相談など恥ずかしくてできませんし、また別れたの?と馬鹿にされるのが目に見えていたので
こっそり占い師に見てもらおうかなと興味が湧いてきました。
しっかりとお店を構えている占い師は値段が高かったので、道路などで簡易的に占っているおばあちゃんに占ってもらいました。

おばあちゃんの力は本物?

いざ、おばあちゃんを対面にしてみると緊張してしまいました。
ですが、当たるわけがないと斜に構えて相談をしました。
まずは生年月日と名前だけ言いました。
すると何も相談していないのにも関わらず、別れた彼女との相談だね?とずばり当てられ、背筋が伸びました。
その後はそのおばあちゃんの話に夢中になっていました。
おばあちゃんから、結論復縁しなさいと言われました。
理由もしっかりと述べられました。
私が付き合っていた女性は、私の生まれ持つ気が今までで一番合う女性だと言われました。気があるからこそ、心配なことがあっても必要以上に心配しなくて大丈夫と言われました。
彼女の気が、私の気を上げてくれると言う事でした。
何をしてもうまくいく、失敗した時は近くにいるだけで和む存在だよと言われ、思い返すと思い当たる節がたくさんありました。
私はすぐに彼女に連絡をし、はるばる電車で1時間半かけ彼女の家に向かいました。
そして、占い師の言う通りに復縁を持ちかけましたが、すんなり受け入れてくれず、少し時間が欲しいと言われました。
後日、結局復縁をし現在も付き合っております。

入籍もそろそろ考えております。

ひろっちさん(20代男性)の体験談