by たつーゆ(20代男性)

これは1年前の体験談です。元々私は心霊番組が好きで、周りからも「幽霊と仲良しにでもなりたいの?」と言われることもありました。確かに、自分はたとえ霊が見えたとしても仲良くしていけるのではないかと呑気に考えていました。しかし、一人暮らしのための引っ越し後に事件は起きました。都心はマンションでも家賃が高く、なかなか住まいが決められずにいました。しばらくは物件を提示されては断りの繰り返しでした。10日後、3件目の不動屋でようやく「ここしかない」と思える物件があり即決しました。アパートの1階です。一人暮らしを始めて3週間、私の暮らしは落ち着き、心霊番組やラジオを呑気によく視聴していました。

私を襲う怪奇現象〜恐怖の底へ

そんな時、事件が起きます。霊との闘いが始まったのです。「そろそろ寝るか・・・」と布団の中に入ろうとすると、何やらうっすらと声が聞こえてきます。初日は気のせいだと思ったのですが、次第に声ははっきり聞こえるようになりました。私は霊が取り憑いてしまったのではと考え、ネットで除霊を申しこみ行ってもらいました。大家に事故物件かどうか聞いても、そのような記録は無いと言うだけです。インターネットで「事故物件でないのに怪奇現象が起きるのはなぜか」と調べると、興味深い内容が記載されていました。それは、日本にはたくさんの神が存在するのと同時にたくさんの霊が存在するとのことでした。彼らは必ずしも恨みを持っているわけではなく、時には知らずのうちに幸運に導いてくれるだろう・・・と。

事件発生〜都会の大事件!

それから2日後、一旦聞こえなかった声がまた聞こえるようになりました。何やら言っています。耳を澄ませると、「・・・アブナイ・・デテイケ・・シズムマンゲツ・・・」。恐怖です、こんな言葉を聞いては。私は急いで引っ越しの準備をし、翌月大家さんに別れを告げました。たった2か月間の生活でした。その間も毎日幽霊の言葉が聞こえてきました。2度目の引っ越しを終え、荷物がやっと片付いたころ、更なる事件が起きます。台風です。なんと私が以前住んでいたアパートが冠水して、1階部分が住めなくなってしまっているという情報を聞いて青ざめました。毎日苦しめられたあの声が役に立つなんて・・・。

幸運を導く霊〜占い師のお言葉

その事件後、興味を持ってネットを見たら、ありました。「あなたを幸運に導く霊感占い」。早速電話予約しました。鑑定当日、何やら怪しげな雰囲気の場所に着きましたが、経験豊富な占い師さんが今までの話をすべて聞いてくれました。占い師さんによると、いつも心霊動画を見ているような人が霊感に強くなるのはよくある例で、ラッキーな人種だ、と言っていました。ネット情報の言っていることは正しく、霊にも心正しい霊がいるので、これからも私を助けるだろう。そしてだんだん姿も見えてくるようになる、と言っていました。そんな占い師さんの言葉を胸にこれからも霊と上手に付き合っていこうと思います。

たつーゆさん(20代男性)の体験談