by 旅行大好き(20代女性)

私の体験談なのですが、いまから5年前、学生の頃から付き合っていた彼氏と別れました。別れを切り出したのは彼からで、就職した先に私よりももっと魅力的な女性に出会ったから、その人と結婚したいと言われました。何度も彼と話し合い、私は別れたくないと伝えましたが、彼は首を横に振るばかりで、仕舞いにはごねる私を面倒臭そうに見ていました。私の声など彼には全く響かないのだと、その時の彼を見て明確に理解してしまいました。その女性とお幸せに、と心にもない言葉を彼にぶつけ、自分を言い聞かせ、モヤモヤとした気持ちを燻らせたまま彼と別れることにしました。

彼から「復縁してほしい」の身勝手な電話

彼と別れてから7ヶ月くらい過ぎた頃でした。
突然、大学時代の友人から電話がありました。直ぐに電話をとり、懐かしさや嬉しさを含ませながら会話をしていましたが、突然友人から別の人に代わると言われました。その時に聞こえた声は、半年以上前に別れた彼のものでした。私が別れた直後に電話番号を削除したので、学生時代の友人を頼って連絡してきたようでした。彼はしどろもどろに私に挨拶すると、復縁しないか?結婚を前提にもう一度やり直したい、と切り出されました。私は怒りに震えました。この怒りをぶつけてやろうと思っていました。でも、一抹の嬉しさも感じていたのです。また一緒に居られると想像したら、怒りが薄れていくような気持ちになったのです。
沢山の感情に押し潰されそうになった私は、その場で決断することは出来ませんでした。
返事は少し待ってもらえるように彼に頼むしかありませんでした。

複雑な気持ちを抱えたまま同僚と台湾旅行

前々から職場の同僚と台湾旅行を計画していた私は、彼に復縁を迫られた3日後に台北へ行きました。タピオカドリンクなどのグルメや九份などの観光地を巡りました。その訪れた先々に、彼との復縁を決意したきっかけである占い横丁がありました。占い横丁は地下にあり、1畳ほどのお店が数件並んでいる占い店が並んでいるところです。私たちはその中でも、米占いという日本では見かけない占いをしてくれる占い師を訪ねました。
金運、恋愛運、仕事運など、いくつかの項目から3つ占ってくれるのですが、私はその1つに結婚運を選びました。
占い師に交際相手がいるのか、と聞かれた際、私の現状を全て伝えました。彼の復縁を望む連絡は凄く嬉しかったのですが、一度裏切った人を信用してついて行っても良いのか不安があったのです。一人で悩んでもどうする事も出来ず、私は占い師を頼ったのです。
占い師は私の話を聞いた後、米粒を摘み、小皿に移すように言いました。その後、占い師は本を広げ、紙に何かを書き写しているのを黙って見ていると、占い師は私を見て口を開きました。
「彼を信じてみたら?」

少ない言葉が、彼との復縁を後押し

占いは不思議なもので、あれだけ迷っていた私の心は、占い師の言葉を聞いて決心がつきました。
占い師はニコリと微笑み、頑張って、と言うだけでしたが、私を勇気付けるには十分なものでした。
旅行から帰り、直ぐに彼を呼び出すと、私は貴方について行きたいと熱烈に伝えていました。
今思い出すと、恥ずかしいくらい必死だったと思います。
こうして彼との復縁が実現しました。
今は彼と結婚し、多少の喧嘩をしながらも仲良くやっています。
こうした結婚生活を迎えられたのも、台湾旅行で、この体験談が無ければ無かったものです。
信じて良かったと日々思っています。

旅行大好きさん(20代女性)の体験談