by のみちゃん(40代女性)

私は某動物愛護団体に勤務して居ました。ある日、代表に突然呼び出されて解雇されました。理由は仕事が遅いと同僚や上司の全員が言っており、迷惑をしているから、明日から二度と来ないでください。という事を一方的に言われたのでした。志高くその職場に入社し、寝る暇やプライベートも完全に潰して勤務をして居たこともあり、まさか同僚達に迷惑がられているとは思っても居ませんでした。また、その動物愛護団体は、亡くなった動物を冷凍保存しており、順番に火葬するという話だったのですが、過去からずっとある遺体がキャパオーバーになっており、私は役員に早く火葬を進める様に提言している最中でした。

深まる闇と、火葬されない動物達。

突然の解雇をされた時、同時に他部署の優秀な先輩も解雇された事を知りました。過去解雇されたり、退社した先輩方から色々な話を聞くことが出来ました。某動物愛護団体では、亡くなった動物を冷凍保存してなかなか火葬しないだけでなく、代表自ら動物の遺体を火葬するわけではなく、ゴミに混ぜて捨てて居たという事実を知ってしまいました。私は火葬はされていると信じて勤めて居たため、ショックを隠しきれませんでした。また、自分が看取った子達が多数居たので、その子達も代表の手によって燃えるゴミ(事業ゴミ)として捨てられて居たと考えると居ても立っても居られなかったです。

虹の橋の麓に迎えない可愛い子供達

職場には乗り込む事が出来ませんし、どこかに訴えることも出来ず、気持ちの整理も付かないまま電話占いに連絡をしました。初めて魂姫先生に霊感占いをしてもらいました。私は、火葬されて居ない子(ゴミとして捨てられてしまった子)が、天国へ行けたのか心配でなりませんでした。綺麗な施設ではなかったので、例えば成仏が出来ずにずっとそのままそこに居ては不憫でならないと思いました。動物は亡くなると虹に橋の麓へ行く事ができるという話がある様に、亡くなった動物達に私は沢山の愛情を注いで居ました。そんな大事な子供達が虹の橋にも行けず、汚れた施設に留まっているのであれば、ちゃんと供養をしてあげたいと思いました。

生まれて来てくれてありがとう

魂姫先生は、火葬されていない動物達は、全員が天国に行けてないわけではない、8割は天国に行けており、2割はこの世に留まってしまっている、と教えてくださいました。この世に留まってしまった動物達の魂に、何かできる事がないか聞くと、その子たちは、「ありがとう」と言ってもらってないと言っているとの事でした。なのでお彼岸の時に、ミルクを備えて、「この世に生まれて来てくれてありがとう。次に迎えが来たら、また生まれて来てね」と、人間の代表として、ありがとうという気持ちを亡くなったけれど天国へ行けて居ない子に伝えてあげるのが良いと言われました。私は、動物達の遺体は持ち帰れませんでしたが、個人的にお寺で供養をしているので、お彼岸の日に、「ありがとう」と心から供養の気持ちを祈りました。あの子達が無事に天国へ行ける様に今でも祈って居ます。
また、霊視によると件の動物愛護団体は衰退の一途をたどるであろうとの事でした。

のみちゃんさん(40代女性)の体験談